表現の自由と誹謗中傷に関する話題

img-1

日本は成熟した先進国であり、同時に資本主義社会、民主主義国家となりました。

岡山で会社設立の情報探しをお手伝い致します。

民主主義国家の素晴らしい点は万人に表現の自由が認められてるところにあります。身分や職業、社会的な地位などに関わらず、基本的に自分の思いを好きな形で発表出来るのです。

近年ではネットの発展により、より気軽に自分の意見を配信出来るようになりました。



映画の感想を投稿したり、アニメ作品の駄目だしを書き込む人々も多いです。ただ、一方で表現の自由の誤った解釈も氾濫しつつあります。


表現の自由とは自分の思いを、誰にも邪魔されず発表出来る権利を指します。


ところが市民の中には「罵詈雑言を発表しても、批判されない権利」と勘違いする方々がいらっしゃいます。



誹謗中傷は表現の自由ではなく、単なる悪口であり、著しく個人の名誉を毀損する発言やネットの書き込みはマナー違反です。

http://www.sankei-digital.co.jp/advertising/pdf/hottopics/201403.pdf

近年ではネットでの誹謗中傷も、罪に問われる可能性が高くなりました。

https://girlschannel.net/topics/keyword/%E6%B3%95%E5%BE%8B%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80/情報に精通したサイトです。

SNSやブログは、確かに個人的なメディアですが、そこに書き込む投稿は原則世界中に公開されます。辛口レビューや作品への批判、そういったものは表現の自由により保証されます。

仮に内容が非常にネガティブな文章だったとしても、それが事実であれば、一つの意見として尊重されるのです。

しかし、事実に基づかない特定の人間への悪口は立派な誹謗中傷になり得ます。

「AさんはBさんと不倫に違いない、彼はインモラルで最低な人間だ」等と推測で文章を書き、広く公開されたネット上で特定の個人を攻撃すれば、それはルールを逸脱した行為になります。

http://www.47news.jp/feature/medical/news/0314taiso.htmlの情報が欲しい方必見です。

善良なネットユーザーは投稿する文章に気をつけるべきです。


関連リンク

img-2
誹謗中傷にあった時には

誹謗中傷は、根拠がなかったり、ありもしない事実で、相手を罵り、貶める行為ですが、この行為に悩まされてる芸能人は多いです。こういった行為は、芸能人だけでなく、企業や私達のような普通の市民であっても対象にされることが多く、実際に悩んでる方も多いかもしれません。...

more
img-2
誹謗中傷の意味と対策

誹謗中傷とは、根拠のない悪口で他人を批判したり嫌がらせをして名誉を傷つけることです。最近ではインターネットの掲示板など、不特定多数の人が見られる場所で誹謗中傷を書き込むケースが増えていますが、誹謗中傷は立派な犯罪です。...

more
top