誹謗中傷の意味と対策

img-1

誹謗中傷とは、根拠のない悪口で他人を批判したり嫌がらせをして名誉を傷つけることです。



最近ではインターネットの掲示板など、不特定多数の人が見られる場所で誹謗中傷を書き込むケースが増えていますが、誹謗中傷は立派な犯罪です。
名誉毀損罪、侮辱罪、信用毀損罪、業務妨害罪などの罪に問われることがあります。



企業の場合だと会社の不利益、取引先との解約、顧客離れ、個人では失業や退職などの実際に被害が出る為です。
企業でも個人でも誹謗や中傷をされれば当然ショックを受け、傷つくものです。



もしこのような被害に遭った時はそれに応じて対策をとりましょう。
まず、名誉棄損や侮辱罪、プライバシー権の侵害など、その内容がどの法律に触れるかを知っておく必要があります。



そして、問題ある書き込みを削除したい時は、本人あるいは関係者がサイトの管理者やプロバイダに書き込みの削除を要請します。


掲示板には管理者が必ずいます。


書き込みを削除できるのは基本的に管理者だけになるので、まずは管理者に削除要請を出してください。

自分で掲載内容を保存しておくほか、当該サイトの管理者に対してログの保存を忘れずにしておくよう依頼することも忘れないようにします。

発信者の氏名や住所、メールアドレスやIPアドレスなどを知りたい場合、プロバイダ責任制限法により発信者の情報の開示請求をすることができます。



名誉棄損や侮辱罪などが成立し、相手を訴える意思がある場合は、済んでいる地域を管轄している警察署で相談するようにしてください。



関連リンク

img-2
誹謗中傷にあった時には

誹謗中傷は、根拠がなかったり、ありもしない事実で、相手を罵り、貶める行為ですが、この行為に悩まされてる芸能人は多いです。こういった行為は、芸能人だけでなく、企業や私達のような普通の市民であっても対象にされることが多く、実際に悩んでる方も多いかもしれません。...

more
img-2
SNSやインターネットで誹謗中傷が増加

誹謗中傷は形を変えておこなわれます。最近ではインターネットで、本人の目に触れないようにおこなわれていることが多く、掲示板などに無関係な書き込みとして逆に注目されるようになっています。...

more
top